「水」が教えてくれる東京の微地形散歩

3.93
  • (6)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 88
レビュー : 8
著者 :
taguttiさん    読み終わった 

<目次>
はじめに
第1章  川を動かした海を陸地に(江戸時代)
第2章  川を見下ろす権力の館
第3章  複雑な谷が生んだ文化
第4章  廃川跡~消えた川と取り残された川
第5章  高いところに作られた川

<内容>
読み終えたくなかった本。コンピュータソフトカシミールを使って、東京の微地形を川をベースに辿り、過去と現在を色分けして(別々のページにしてある)、さまざまなうんちくを加えながら、最後は歩けるようにしてある。あとがきにあるように、こうした本が作られるのは「ブラタモリ」のおかげなのだが、他の本よりも狙いがはっきりしているせいか、著者の筆のうまさか、とてもわかりやすかった。満足です。

レビュー投稿日
2015年1月25日
読了日
2015年1月25日
本棚登録日
2015年1月9日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『「水」が教えてくれる東京の微地形散歩』のレビューをもっとみる

『「水」が教えてくれる東京の微地形散歩』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする