カラー版 重ね地図で愉しむ 江戸東京「高低差」の秘密 (宝島社新書)

3.29
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 4
著者 :
taguttiさん 歴史   読み終わった 

<目次>
はじめに 
第1章  東京中心部の地形を歩く
第2章  東京南部の地形を歩く
第3章  東京西部の地形を歩く
第4章  東京広域の地形を歩く

<内容>
「ブラタモリ」以降ブームとなっている、地形と歴史を組み合わせた本。竹内さんの本としても宝島社では2冊目か?前回よりも「重ね地図」の効果はいいのではないか?(というか、ここの場面では重ね地図はあまり関係ない気がする)。ここのルートにしっかりとした地形図が使われていて、おそらく歩こうと思うと便利なのではないか?

レビュー投稿日
2019年3月28日
読了日
2019年3月28日
本棚登録日
2019年3月20日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『カラー版 重ね地図で愉しむ 江戸東京「高...』のレビューをもっとみる

『カラー版 重ね地図で愉しむ 江戸東京「高低差」の秘密 (宝島社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする