終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#10 (角川スニーカー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA (2021年7月1日発売)
4.40
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 72
感想 : 3
4

57Pで出掛けたエマが、夕方になった60Pで、『クァシ・ブレイブじゃないんですか?』って会話に参加してるはずなのに、その後72Pで『ただいまぁ』と帰ってくる。
『遅くなりました。ふふ、おみやげありますよ。』と言ってるあたり、一度帰ってきてもう一度出掛けたわけではなく、60Pにエマが居た事が間違いか。



「戦場の希望となる」というタレントを持つパーチェムがモウルネンを模して造られた可能性に言及されてる。
確かに、人々の希望だけ束ねて力にするのはモウルネンの改良版と言える機能なのか。

プロディトルの「役に立たない」の理由が判明。
銘の意味は「造反者」。
「大事な時に仕事をしない」という特筆能力が常時発動とは。誰がなぜ作ったw

309P、妖精倉庫が76番浮遊島にあるって書いてある。
68番では?
313Pには68番と書いてある。


次巻で完結!

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説
感想投稿日 : 2021年9月12日
読了日 : 2021年10月17日
本棚登録日 : 2021年8月1日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする