「小さな政府」を問いなおす (ちくま新書)

3.47
  • (11)
  • (10)
  • (33)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 151
レビュー : 21
著者 :
takabillさん 経済(役に立つ)   読み終わった 

小さな政府と大きな政府のそれぞれの長所と短所がわかりやすく書かれている。また、構造改革の利点と欠点も書かれている。

小泉政権の構造改革が格差をもたらしたわけではないことが書かれているが、小泉政権の罪は「何もしなかった」ことだという指摘が印象的だった。

レビュー投稿日
2012年6月27日
読了日
2012年6月27日
本棚登録日
2012年6月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『「小さな政府」を問いなおす (ちくま新書...』のレビューをもっとみる

『「小さな政府」を問いなおす (ちくま新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『「小さな政府」を問いなおす (ちくま新書)』にtakabillさんがつけたタグ

ツイートする