人間失格

3.87
  • (128)
  • (156)
  • (125)
  • (23)
  • (5)
本棚登録 : 1847
レビュー : 170
著者 :
たかさん  未設定  読み終わった 

青空文庫で読了。太宰治の分身のような葉蔵の半生です。読んでいて気持ちが滅入る一方、深く共感してしまう部分も多く、読むのが止められません。いま例えるとしたら、モルヒネのようなものです。20代で読んだ記憶、2010年に映画で観た記憶、どっちもぼんやりですが、どちらも気持ちが滅入ったのだけは覚えています。
 
人間が持つ悩みや恐怖、色々あると思いますが、葉蔵は自意識過剰で全てが恐怖の対象になっています。なぜ共感できるかと言えば、私も潜在的にそんな想いがあるからなんでしょう。酒、女、タバコ、薬...程度の差はあれ、これらが人間の逃避先であるならば、現代にもリトル葉蔵は沢山いるとも言えます。
 
自意識過剰は責める雰囲気を持つ言葉ですが、言い換えれば、人間が放つ氣を敏感に感じ取れる無垢な心の持ち主なのかもしれません。この作品から得られた事は確かにあります。でもうまく言葉にできません。ただ葉蔵の以後の人生が、今までと全く逆であって欲しいと願いたくなります。

レビュー投稿日
2018年6月27日
読了日
2018年6月26日
本棚登録日
2018年6月27日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『人間失格』のレビューをもっとみる

『人間失格』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする