鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐

3.99
  • (536)
  • (791)
  • (407)
  • (51)
  • (17)
本棚登録 : 5443
レビュー : 578
著者 :
takanatsuさん  未設定  読み終わった 

「おれは長年、病んだ人を診てきたんだがよ、だんだん、人の身体ってのは森みたいなもんだと思うようになった」
上巻で最も印象に残ったのは、この一言。
この前後に語られる言葉が一番腑に落ちたように思う。

この物語の世界には全く異なる考えを基礎とする二種の医術が存在する。
それはその医術が生まれた国の宗教や文化をも反映していて、どちらの考えが正しいなんてことを語るのはとても難しい。
清心教医術の教えで救われる心もきっとあると思う。
でも医術として(人の病を治癒する術として)優れているのは、(宗教による)禁忌を犯すことを恐れずに命の秘密に迫っていくオタワル医術なのだろうと思う。

人間は命を脅かす病を克服するために治療法や薬を開発していくけれど、世界には次から次へと新たな病が誕生していく。
既知の病だって発病するリスクを下げるよう心がけることしか出来なかったりする。
確実な回避策はない。
ひどく恐ろしいことだ。

薬を飲むことによる副作用や、手術による身体への負荷のことを思うと、自然に治る症状でも薬を処方するような医療への疑問を感じることもある。
医師の診断も100%信頼することが出来るかと言えばそれは難しい。

もし重病になったらどうする?
そんな不安を抱えながらも、そんなことは起こり得ないという顔をして日々を過ごしている。
けれど、それは起こり得るのだ。実際に。

この物語を読んでいて考えさせられるのは、発病した時の対処法ではなく、医療というものへの接し方だ。
恐ろしい病が登場するのだけど、その病の治療法が見つかればめでたしめでたしになるような話ではないと感じる。
病に対してどう向き合うか。
命についてどう考えていくか。
寿命をどうとらえるか。
適切な言葉が見つからないけれど、そういうもっと根源的なことを問いかけられているように思う。
そしてそこに正解はないのかもしれないと思う。

「ふだんは見るこたぁできねぇが、おれたちの中には無数の小さな命が暮らしてるんだ」
「でもよ、後から入って来るやつらもいて、そいつらが、木を食う虫みてぇに身体の内側で悪さをすると、人は病むんじゃねぇかと思ってるんだ」

私の身体は一つの命ではないという考え方にすんなり納得出来る。
身体と心は別物という言葉にも納得出来る。
この世界の人を脅かす病の物語が下巻でどんな結末をむかえるのかまだ分からないけど、命についての真実に誘ってくれるんじゃないかと期待してしまう。

レビュー投稿日
2014年12月31日
読了日
2014年12月31日
本棚登録日
2014年12月31日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐』のレビューをもっとみる

『鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする