異性

3.53
  • (72)
  • (208)
  • (204)
  • (44)
  • (12)
本棚登録 : 1507
レビュー : 237
takanatsuさん  未設定  読み終わった 

面白かった。
クスクス笑いながら読んだ。
角田光代さんが女性の恋愛観を、穂村弘さんが男性の恋愛観を語っているのだけど、どちらも個人の経験から出来上がっているから単純に女性側に共感出来るわけではなかった。
それがまた面白いなぁと思う。
角田さん、穂村さんどちらの話にも「えっ、そうなの!?」という驚きがあり、同じくらい「分かる気がする」という共感があった。

でも「分かる気がする」と、「私もそう」はやっぱり違う。
読み終わってから全体の印象をぼんやり思い返すと、やっぱり私は女性側だった。
性別がそこまで個人の感覚(?)に影響しているというのは、当たり前だと思ってきたけど、よくよく考えると気持ち悪いかも。
人間→日本人→女性→個人くらいの階層になっていて、それぞれの階層で共通項があって…、個人レベルで決まるのは本当に些細な部分なのかもしれない。

私にとっては、異性だけではなく、同性についても勉強になる本だった。
女性って実はかなりこわいんだな、とか。
男性って意外といい加減なんだな、とか。
恋人の言動に悩む友人にも薦めてみようかな。

レビュー投稿日
2012年9月16日
読了日
2012年9月16日
本棚登録日
2012年9月16日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『異性』のレビューをもっとみる

『異性』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『異性』にtakanatsuさんがつけたタグ

再読情報 [1回]

  • 2015年2月22日

    去年の暮れからいろいろあって、ちょっと頭が茹ってきたので再読。
    改めて納得した。(そうか。そうか。男性って。そして女性って。)
    性差も個体差も、なんだか面白いなって思えるくらいに落ち着きたいというか、大人になりたいものです。

いいね!してくれた人

ツイートする