takanatsuさん  未設定  読み終わった 

3まで読んでようやくこの人が人気なんだなぁと気付き始めた。
必ずと言っていいほど頻繁に名前が出てくる人が何人かいて、そしてやはり私は読んだことがない。
この先読む機会があるかは分からないけど、まだまだ読んだことがない本がたくさんあるというのはとても嬉しい。にこにこ。

「今日食べた食品が明日のあなたになる、という表現がありますが、今日読んだものが、明日書くものの礎になるんですね。」
喜志祐介さんの言葉はこの本の書きたいものそのものだと思う。
同じ本を読んでいても、いつ読むか、その前と後に何を読むかによって受け取り方は違う。
(そもそも性格や環境の違いがあるから同じになるわけはないのだろうけど‥)
受け取り方が変わるとそこから生み出されるものもやっぱり変わるわけで、それがその人の世界になる。
だからこの人はこういう作品を書いたんだ、なんて、簡単に言えるようなことではないけど、好きな作品の一部になっているであろう読書経験の話はやっぱり興味深い。

作家ではない人も読んだ本から影響を受けて考えや生き方が変わったりしているはず。
本を読んでない人生やもっと本を読んだ人生との比較は出来ないけど、今の私を作ってくれた本(と他の諸々)に感謝したくなった。

レビュー投稿日
2013年3月23日
読了日
2013年3月23日
本棚登録日
2013年3月23日
8
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『作家の読書道3』のレビューをもっとみる

『作家の読書道3』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする