takanatsuさん  未設定  読み終わった 

空飛ぶ絵本を本の狩人が捕まえるお話。
本屋のお婆さんが読みたい本をすぐに取り寄せてくれるお話。
『本の日』に新たな持ち主に出会うために飛び立つ本のお話。

本が空を飛ぶイメージがだんだん定着してきた。
小さくて薄い本はパタパタと、大きくて厚い本はバッサバッサと、のんびり優雅に飛ぶ本もあれば、襲いかかってくる本もあるかも…?
想像すると楽しいなぁ。

もちろん本屋さんのお話もたっぷり。
あの有名なお店の二号店(?)が本屋さんだった!?なんて、衝撃のお話も。
にこにこ。

ただ1つ1つのお話がとても短くて、もっと読みたいなと思ってしまうお話もたくさんあった。
今度はもう少し長めでお願いします。

レビュー投稿日
2013年5月3日
読了日
2013年5月3日
本棚登録日
2013年5月3日
11
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『本からはじまる物語』のレビューをもっとみる

『本からはじまる物語』のレビューへのコメント

MOTOさん (2013年5月5日)

こんにちわ♪

takanatsuさんのレビューを読んで、
これまで本は『扉』と言うか、どっしり動かないイメージしか無かったのですが…。

こうして、開いた形にすると、
(あっ、ホントだ。今にも飛びそうっ~♪)
と、楽しくなってしまいました。^^♪
(そういえば、ハリーポッターに、噛み付く本。ってのはいましたねぇ♪)

考えてみれば、いろんな声でおしゃべりもしますしね♪
執筆している作家さん達も良く知った名の方ばかりで、興味津々!
早速狩人に変身して、捕まえにいってきまーす。

takanatsuさん (2013年5月6日)

MOTOさん、コメントありがとうございます!
『扉』のイメージも素敵だと思います!
いろんな世界に連れて行っくれる扉…ぴったりだと思います。
「(そういえば、ハリーポッターに、噛み付く本。ってのはいましたねぇ♪)」
はい!いました!
撫でれば大人しくなるんですよね。怖いけど可愛かったです。
「早速狩人に変身して、捕まえにいってきまーす。」
お気をつけて~♪
レビュ、楽しみにしてます!

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする