鬼滅の刃 4 (ジャンプコミックス)

4.31
  • (32)
  • (25)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 332
レビュー : 18
著者 :
タカツテムさん マンガ   読み終わった 

猪男こと嘴平が女顔だったことは今後何かの設定で活きてくるのだろうか?今のところ、猪面が強烈過ぎて素顔の印象が薄いのだけれど

那田蜘蛛山でモブ鬼殺隊員が次々と操られ殺されていく描写は恐ろしくそして悲しい描写だった。炭治郎の機転によって助かったと思ったら次の話であっさり死んでしまうんだものなぁ
また、初登場時に那田蜘蛛山の主のように見えた女性の鬼が、死による解放のために炭治郎の刃を進んで受け入れる展開は驚きだった。「鬼滅の刃」って敵である鬼を同情のしようがない悪として描きつつもその中で主人公の炭治郎が鬼の死を悲しむ描写を毎回入れてくる点は非常に特殊であり同時に特徴にもなっているように思う

善逸が対峙した鬼がトラウマレベルでキモかったです……

レビュー投稿日
2017年8月8日
読了日
2017年8月7日
本棚登録日
2017年6月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『鬼滅の刃 4 (ジャンプコミックス)』のレビューをもっとみる

『鬼滅の刃 4 (ジャンプコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『鬼滅の刃 4 (ジャンプコミックス)』にタカツテムさんがつけたタグ

ツイートする