魍魎少女 (1) (ゼノンコミックス)

3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
レビュー : 1
著者 :
タカツテムさん マンガ   読み終わった 

特徴的な壺を抱えた年若い着物少女が魍魎が跋扈する世を時には華麗に、時には血生臭く渡り歩く様が描かれている
魍魎を主題とし、人の生死が頻繁に描かれることを考えると作風はおどろおどろしくなってもおかしくないのだけど、異様さの中心にいる雪之条が気の抜けたおっさんみたいな言動を繰り返すものだからそこまで身構えずに読むことが出来るね

妖怪変化が蔓延る世で奪われた身体を取り戻すために旅をするというとあの超有名作が思い浮かぶけど、こちらでは身体が無いことに関する悲哀よりも着物少女である林檎丸のバトルアクションをメインに描いているね
オッドアイで着物な幼い少女が巨大ノコギリ片手に魍魎や悪人をバッタバッタと薙ぎ倒す!もうそれだけで細かいことなんてどうでも良くなるくらいに痛快な内容になっているね

それにしても雪之条と八房の関係性がよく判らないな
無二の親友とのことだけど、八房は理由も告げずに死なない雪之条を殺した
雪之条も殺されたことに対する恨みは見えず、どちらかというと八房の行動理由を気にしているくらい
そして再会した八房は雪之条の身体を取り戻す手助けをする……
物語の中心にいる雪之条と八房の関係がどうにも普通の恨み恨まれではなさそうで彼らの思惑を測りかねるね

レビュー投稿日
2020年9月10日
読了日
2020年9月9日
本棚登録日
2020年8月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『魍魎少女 (1) (ゼノンコミックス)』のレビューをもっとみる

『魍魎少女 (1) (ゼノンコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『魍魎少女 (1) (ゼノンコミックス)』にタカツテムさんがつけたタグ

ツイートする