ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

3.63
  • (1443)
  • (1659)
  • (3299)
  • (230)
  • (65)
本棚登録 : 15795
レビュー : 1116
著者 :
take2015さん その他フィクション   読み終わった 

この本は中毒のように無性に読みたくなる。内容はもちろん頭に入っているし新しい発見もない。それでもここにしかない世界を求めてしまう。一度読み始めると加速度的に夢中になる。そういう本は実に少ないけどそうした本がいつも傍にあるのは掛け替えのない幸せ。
間宮中尉、加納姉妹、笠原メイ、綿谷ノボルといった役者が揃う。ノモンハンでの出来事は僕の想像力では全く歯が立たないようなスケールの大きさと思考を停止したくなるほどの残忍さ。これだけのものを書ける日本人の作家は稀有に近いのではないか。

レビュー投稿日
2016年3月3日
読了日
2016年3月3日
本棚登録日
2015年1月24日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささ...』のレビューをもっとみる

『ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする