ガンルージュ

3.40
  • (12)
  • (43)
  • (50)
  • (13)
  • (3)
本棚登録 : 241
レビュー : 55
著者 :
take9296さん 日本のミステリ   読み終わった 

月村了衛祭りは続く。

韓国の大物工作員キル・ホグン率いる最精鋭特殊部隊が日本で韓国要人の拉致作戦を実行した。事件に巻き込まれ、人質となってしまった中学1年生の祐太朗。日本政府と警察は事件の隠蔽を決定した。祐太朗の母親で、かつて最愛の夫をキルに殺された元公安の秋来律子は、ワケあり担任教師の渋矢美晴とバディを組み、息子の救出に挑む。
因縁の関係にある律子とキルの死闘の行方は。そして絶体絶命の母子の運命は――。

「槐」と似たような設定だが、こちらの方がすっきりしている。某人気刑事小説(最近新作なし)を思わせる設定は、ギャグですか?

レビュー投稿日
2017年10月29日
読了日
2017年10月29日
本棚登録日
2017年10月29日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ガンルージュ』のレビューをもっとみる

『ガンルージュ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする