不明解日本語辞典

3.21
  • (1)
  • (5)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 111
レビュー : 9
著者 :
takeachanceさん エッセイ   読み終わった 

日常的に使われている言葉を分解・解読し、日本語の源流を紐解き、
日本語の本質と日本人の特性を浮き出させようと試みる。

「はじめに-言えば言われる-」(p.7)を読み始めると、
「あ、この人メンドくさい人だな」とすぐに理解できる。
とてもリーダーフレンドリーなつくり。
まず最初に踏み絵を試されているような気分になった。

『適当』の解説が特に秀逸だと思った。
「ふさわしい、適切な」と「いいかげんな、思いつきの」は
意味として反対にもかかわらず、日常で使われ続けているのは何故か。
著者の「表裏一体説」はとても面白かった。

自分が今思いついた限りでも、
「妙齢」の意味が「若い女性」から「年増の女性」に変化してきたり、
「ニラレバ」と「レバニラ」の違いだったり、
「了解しました」「承知しました」の使い分けだったり。
日本語の良さは「あいまいさ」にあるとつくづく感じる。

レビュー投稿日
2016年3月18日
読了日
2016年3月18日
本棚登録日
2016年3月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『不明解日本語辞典』のレビューをもっとみる

『不明解日本語辞典』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする