何のために「学ぶ」のか:〈中学生からの大学講義〉1 (ちくまプリマー新書)

3.72
  • (16)
  • (36)
  • (28)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 558
レビュー : 42
制作 : 桐光学園  ちくまプリマー新書編集部 
takeshishimizuさん 人生論・勉強法   未設定

中学生から高校生向けに書かれてはいるが、私にとっても、非常に有意義な内容であった。外山滋比古さんは相当現在の状況に憤りを感じていらっしゃるようだ。私にも、こんな仕事をしていながら、最近の中高生は勉強させられ過ぎ(自分で好んで勉強するのは問題ないけれど)という思いがあった。だから、この気持ちはよく分かる。勉強の仕方という意味では、脳科学の見地に立って論じられている茂木健一郎さんの話が一番わかりやすいし、実践もしやすい。世の中の分析としてはもっとも納得がいき、子どもたちにも伝えていきたいと思ったのは鷲田清一さんの話だった。日本的な生物学的な話を本川達雄さんがしている。伊勢神宮の意味するところは何か。ちょっと不満は、今福龍太さんが紹介していた本がおもしろそうで、購入しようと思って大きな書店にも行ったのに、どれもこれも品切れ。そこは編集者に何とかしておいてほしかった。

レビュー投稿日
2015年1月18日
本棚登録日
2015年1月18日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『何のために「学ぶ」のか:〈中学生からの大...』のレビューをもっとみる

『何のために「学ぶ」のか:〈中学生からの大学講義〉1 (ちくまプリマー新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする