サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福

4.33
  • (388)
  • (230)
  • (106)
  • (8)
  • (8)
本棚登録 : 3606
レビュー : 312
制作 : 柴田裕之 
たけ坊さん 歴史   読み終わった 

これもまた面白い。サピエンスの未来まで。
宗教の定義を超人間的な秩序よ信奉に基づく人間の規範や価値体系とするなら、資本主義やらのイデオロギーも宗教。歴史は二次のカオス系で予想が結果に影響する、自然は一次のカオス系で予想は結果に影響する。進歩するという心情が資本主義とマッチングしてここ数百年の発展があった。産業革命はエネルギー変換の革命であった。熱を運動エネルギーに変換したり。時報から始まるニュースの原点(共通の時間)などの話も面白い。そしてサピエンスがどこに行くか。

レビュー投稿日
2018年12月10日
読了日
2018年12月10日
本棚登録日
2018年12月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸...』のレビューをもっとみる

『サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

ユヴァル・ノア・ハラリの作品一覧

ユヴァル・ノア・ハラリの作品ランキング・新刊情報

ツイートする