歴史は実験できるのか――自然実験が解き明かす人類史

3.06
  • (3)
  • (7)
  • (16)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 247
レビュー : 18
制作 : ジャレド・ダイアモンド  Jared Diamond  ジェイムズ・A・ロビンソン  James A. Robinson  小坂 恵理 
たけ坊さん 歴史   読み終わった 

ナラティブな手法がメインと思われる歴史学だが、統計分析を用いた量的な自然実験や比較研究法と呼ばれる手法もある。そういった手法を用いた8つの研究を紹介。
ポリネシアの3つの社会の地理的条件に基づいた比較、アメリカ西部の移民増加の背景に物資や情報、マネーの移動や移民のイメージ向上があったこと、メキシコ、ブラジル、アメリカでの銀行制度の定着度の違いに民主的な政治制度の違いが関わっていること、イースター島の森林破壊は環境の影響要素が大きかったように、ハイチとドミニカ共和国の発展の違いに環境の要素もあったが、奴隷が多く人口密度が高く国民がクレオール語を話すハイチの不利、奴隷貿易がアフリカの発展に与えた影響、イギリスのインド統治において地税徴収制度が与えた影響、フランス革命がドイツに拡大したことがどのように影響を与えたか、制度が経済発展に与えた影響、そういった研究。

レビュー投稿日
2019年1月12日
読了日
2019年1月12日
本棚登録日
2019年1月12日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『歴史は実験できるのか――自然実験が解き明...』のレビューをもっとみる

『歴史は実験できるのか――自然実験が解き明かす人類史』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする