ビター・ブラッド (幻冬舎文庫)

3.54
  • (42)
  • (127)
  • (134)
  • (26)
  • (3)
本棚登録 : 929
レビュー : 108
著者 :
takosukeさん さ行作家   読み終わった 

前半というか、最初から三分の一ほどまでの親子がコンビを組んでいたあたりは推理小説ではなく完全コメディでした。ジャケットプレイ諸々で笑いをこらえてたんですが、クーガーの撃退法の件は我慢できずに吹き出しました。想像すると完全におかしいでしょ。夏輝のツッコミや、何やかんやで明村ペースになってるのもテンポよくて面白かったです。
明村さん良いキャラですね。
その後もちょいちょい挟まれるとぼけた感じが良い箸休めになってます。黒幕自体はあっと驚くようなものではなく、蚊にさされた人物も消去法で分かってしまったし、相星も深追いする描写が続いてたのでこれフラグってやつだ、と思ってましたが、それでも物語に引き込まれて一気読みしました。陰と陽、シリアスとコメディの絶妙なバランス。久しぶりに楽しい読書の時間でした。
読みながら、明村さんが誰かとかぶるなーとずっと思ってたのですが、解説を読んで気づきました。そうか、郷ひろみですね。個人的なビジュアルイメージは完全郷ひろみです。

レビュー投稿日
2019年8月25日
読了日
2019年8月25日
本棚登録日
2019年8月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ビター・ブラッド (幻冬舎文庫)』のレビューをもっとみる

『ビター・ブラッド (幻冬舎文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする