Penguin Readers: Level 2 AUDREY HEPBURN (Penguin Readers, Level 2)

3.57
  • (2)
  • (6)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 10
2016年の俺さん 英語多読   読み終わった 

2016.4.9
総語数3888。世界的女優になり地位も名声も手に入れ、それでも1人の女性としての幸せと苦悩を味わい、晩年人を助ける仕事をし、そしてなくなったオードリー・ヘップバーンの物語。どれだけの才能があろうと、どれだけの魅力があろうと、どんな人間であれ、ただ生きる、ただ幸せになるということはやはり難しい。どんな人間であれ、人間という職を全うしている。医者、サラリーマン、学者、起業家、弁護士、ドカタの人、派遣労働者、職は数あれど、そしてその数だけの能力や才能があれど、みな人間であり、人間としての職を行い、そこでうまくいったりいかなかったりは変わらないなぁと。有名人や偉人というのは、その偉業や、その才能がクローズアップされて世間に伝えられるものだし、事実私も彼女のことも名前とうっすらとしたイメージでしか知らず、マリリンモンローとごっちゃになってたくらいで。しかしどんな人間でも、やっぱ生きることは難儀なんだなぁと改めて思った。

レビュー投稿日
2016年4月9日
読了日
2016年4月9日
本棚登録日
2016年4月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『Penguin Readers: Lev...』のレビューをもっとみる

ツイートする