平気で冤罪をつくる人たち (PHP新書)

3.00
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 34
レビュー : 8
著者 :
tam13さん  未設定  読み終わった 

元裁判官による、司法制度の問題、特に冤罪に対して警鐘を鳴らしている。

足利事件の冤罪と、痴漢冤罪の二つを例に挙げて、冤罪が生じるプロセスをわかりやすく説明されている。

冤罪というよりも、足利事件について概要をわかりやすく知りたい人向けという感じがしました。

レビュー投稿日
2010年8月7日
読了日
-
本棚登録日
2010年8月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『平気で冤罪をつくる人たち (PHP新書)』のレビューをもっとみる

『平気で冤罪をつくる人たち (PHP新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする