プリンセス・トヨトミ

3.53
  • (359)
  • (796)
  • (927)
  • (191)
  • (43)
本棚登録 : 4493
レビュー : 904
著者 :
tamao41さん 本・雑誌   読み終わった 

 妻に薦められ、また、小6の娘も読んだということもあり、それならば読まねばと読んでみた。
 歴史好きにはたまらない仕掛け。
 以下、ネタバレ注意。

 ちょっと我に返るとバカバカしくなる設定をとことんリアルに描いたのが凄い。筒井康隆だったら大阪府庁前での対峙をもっとドタバタに描いたのだろうが、本作では悪ふざけも控えめにとことん真面目に描かれている。
 てっきり「私がプリンセス・トクガワです」と言い出す人物が終盤で登場するのではと思いながら読んでいたのだが、登場せず残念。
 また、茶子の両親はてっきり大阪国に敵対する勢力に消されたのだと思い、物語の終盤はその組織との全面対決になるのだとばかりおもっていたので、単なる不慮の事故だったと知りちょっと残念。
 OJOが略称ではなく守るべき者を表しているという描写を読んで「なるほど! お嬢か!」と妻に叫んだ僕は天然です^^;

レビュー投稿日
2018年10月23日
読了日
2011年9月1日
本棚登録日
2018年10月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『プリンセス・トヨトミ』のレビューをもっとみる

『プリンセス・トヨトミ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『プリンセス・トヨトミ』にtamao41さんがつけたタグ

ツイートする