尾根のかなたに 父と息子の日航機墜落事故 (小学館文庫)

4.18
  • (16)
  • (22)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 132
レビュー : 22
著者 :
たたよんさん  未設定  読み終わった 

何年経っても思い出す。というか、また思い出した。
当時(というか当日)、藤岡までしか開通していなかった関越自動車道を通る深夜バスに乗り帰京した私は初めての長距離バス、渋滞、深夜の新宿駅の人の多さに圧倒され、くたくただった。
バブルの頃…夏の暑い日のことだった。生まれて初めて深夜のテレビを見た。どのチャンネルも同じことをくりかえしている報道特別番組だったと思う。

壮絶な事実はことばを越えていった。そして今を生きている人たちの事実に、ことばがない。

レビュー投稿日
2014年3月23日
読了日
2014年3月23日
本棚登録日
2014年3月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『尾根のかなたに 父と息子の日航機墜落事故...』のレビューをもっとみる

『尾根のかなたに 父と息子の日航機墜落事故 (小学館文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする