枯草の根 (講談社文庫 ち 1-6)

著者 :
  • 講談社 (1975年6月1日発売)
3.00
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 36
感想 : 4

探偵が華僑の人で、登場人物もほとんどが華僑のひと。 途中まで探偵役の人の名前を忘れて読んでいたが(他の本の解説を読んだときに、探偵役の人の名前は出ていた)、知っていて読んだらトリックは分かったかも。 探偵役はやっぱり地味ですかね。陳舜臣さんも他の人に探偵役が変わったりするんですよね。やっぱり地味だったのかしら。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2018年5月26日
読了日 : 2018年5月26日
本棚登録日 : 2018年5月26日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする