堕落論 (280円文庫)

3.76
  • (39)
  • (50)
  • (47)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 752
レビュー : 56
著者 :
tanakanokoukiさん  未設定  読み終わった 

この本を読んで感じたのは、常識だと思っていたことが、実際は常識でも何でもないことは数多くあるということ。
戦争は早く終わってほしかった、天皇制は歴史上の為政者の都合の良いように利用されることが多かった、など。

人間が堕ちたとか堕落することが必要とあるが、要は今までの既成の道徳観念を捨て去り、ありのままの人間を見つめ直すことが肝要ということか?と思いました。

確かに人間は弱く、自分の都合ばかり考えがちな生き物なんだろうと思います。

レビュー投稿日
2016年8月1日
読了日
2016年8月1日
本棚登録日
2016年8月1日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『堕落論 (280円文庫)』のレビューをもっとみる

『堕落論 (280円文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする