人を動かす 新装版

4.25
  • (2317)
  • (1078)
  • (1033)
  • (60)
  • (15)
本棚登録 : 12710
レビュー : 1416
たにちゅーさん  未設定  読み終わった 

Fri, 25 Dec 2009

戦前に書かれた本だというのに,
今読んでもまったく色あせない.

というか,「人間」というのは本質でいつまでの変わらないし,
それを突き動かす欲動の原理というのは普遍的なものなのだということがよく分かった.

D.カーネギー は 今でさえ「ビジネス書」というよく分からないカテゴリで扱われるようになった「人生論」「自己啓発」本のはしり というか 古典.

現在では,コヴィーの「7つの習慣」が一つの金字塔ではあるが,
カーネギーの本を読むと,その源流がわかるようで,
コヴィーが そこまでオリジナルでも無い事が分かる.

ある意味で,
「原則を言って,多くの具体事例でその原則をサポートする.という運び方」
「科学的事実を偏重せず,人間の本性を大切にする」
というあたりが,非常に共通している.

人を動かす 以外にも何冊かあるんだが,とりあえずコレを読んでみた.

コヴィーもそうなのだが,カーネギーもそうで,
西洋的個人主義ではなく日本的関係主義的なところがにじみでる.

「議論を避ける」
「人のあやまりを指摘しない」

など,議論をよしとするアメリカの風土とは,まるで相容れないものかもしれない.逆に,日本的なのかもしれん・

本書でも人間関係論のホーソン実験などにも触れられており,
みな仕事のパフォーマンスが決して金銭報酬などではなく,
にこやかな人間関係の上に成り立つことを認めている.

科学技術の立場にあれば,「議論」をすることは 必須だが,
「議論」が 人をやりこめる ことに終始してしまっては,やはり
非生産的だ.

意味の世界の生き物としての人間として,社会人として,ビジネスマンとして,意義深い本だ

レビュー投稿日
2015年1月4日
読了日
2009年12月25日
本棚登録日
2015年1月4日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『人を動かす 新装版』のレビューをもっとみる

『人を動かす 新装版』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする