機龍警察 未亡旅団 (ハヤカワ・ミステリワールド)

4.23
  • (78)
  • (72)
  • (32)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 402
レビュー : 62
著者 :
本は紙派さん 国内ミステリー   読み終わった 

「機龍警察」シリーズ4作目。
今作はチェチェン紛争で家族を失った女性・少女で構成されるテロ組織「黒い未亡人」との闘い。未成年でありながら機甲兵装を駆り自爆をも辞さない敵と対峙することとなる特捜部。これまでとは全く異なる困難な任務、そしてある意味では最強の敵。緊迫感が尋常でない。
戦闘シーンも安定の迫力。「風の妻」ファティマVS姿・「剣の妻」ジナイーダVSライザの生身での白兵戦、ビル内部で繰り広げられる機甲兵装同士の肉弾戦は手に汗握る激しさ。
何よりも少女テロリスト・カティアの存在が大きい。
真正面から向き合う由起谷に心を開いていく姿、同じような境遇のライザからのメッセージ、裏切り者になりながら仲間を救うための決死の行動。胸が熱くなるシーンの連続。
そして悲劇的でショッキングな今作でラストのカティアからの手紙が一縷の救いと希望になっている。ひらがなという所がまたいい。
個人的にはシリーズ最高の内容。

レビュー投稿日
2017年8月27日
読了日
2017年8月25日
本棚登録日
2017年8月19日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『機龍警察 未亡旅団 (ハヤカワ・ミステリ...』のレビューをもっとみる

『機龍警察 未亡旅団 (ハヤカワ・ミステリワールド)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『機龍警察 未亡旅団 (ハヤカワ・ミステリワールド)』に本は紙派さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする