プリンセス・トヨトミ

3.53
  • (360)
  • (797)
  • (927)
  • (191)
  • (43)
本棚登録 : 4497
レビュー : 904
著者 :
tanpopoponさん 小説   読み終わった 

この著者は初めてだったのだが、設定が面白そうだったので、読んでみた。
うーん、いまいち。プロローグで、大阪府が機能停止になった、と書かれていたので、どんな荒唐無稽な話なのかと思いきや、小っちゃ。
親子とか、家族とか言いたいことはわかるけれど、全然、感情移入できない。
結局、大阪国の存在理由もなんだかなぁ。守るとかいうけれど、覇権争いも無い現代、何から守るんでしょう。そして、何のために守るんでしょう。そこらへんが、ただのロマンチシズムに終わっているので、説得力がない。
税金の無駄使いなんて、多々あるけれど、こんな下らないことに使われてると知ったら、他所の国民は怒るでしょう。

最後の松平にもがっかりです。フェアな男じゃなかったんですか、鬼の松平はどこいったんですか。
最後は良い話って感じででまとめてあるけれど、ほんとすっきりしない。
この結末、大阪人だったら、納得できるものなんでしょうか。

レビュー投稿日
2011年3月1日
読了日
2011年3月1日
本棚登録日
2011年3月1日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『プリンセス・トヨトミ』のレビューをもっとみる

『プリンセス・トヨトミ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『プリンセス・トヨトミ』にtanpopoponさんがつけたタグ

ツイートする