書物の不在 (叢書・エクリチュールの冒険)

  • 月曜社 (2007年9月1日発売)
3.44
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 28
感想 : 4
4

外も中も真っ赤な装丁が私の目を奪いました。
「書物の不在」どういう意味だろうか。
単純な興味から手に取った一冊です。
しかし、タイトルの意味を理解はできませんでした。
とても薄い、短い文章の連続ですぐに読了できてしまいました。
しかし理解できず、理解するための努力で頭が痛くなります。
言い回しから内容そのもの全てが難しいのです。
しかし、それだからこそ、装丁・内容…この書物そのものが特別に思えてしまう。
本当に、不思議な本。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 文学
感想投稿日 : 2010年11月23日
読了日 : 2010年11月23日
本棚登録日 : 2010年11月23日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする