俺俺 (新潮文庫)

3.22
  • (19)
  • (53)
  • (65)
  • (31)
  • (10)
本棚登録 : 540
レビュー : 95
著者 :
芦田太郎さん その他・優秀作品   読み終わった 

亀梨くん主演の映画化が話題になっている大江健三郎賞受賞作品。
偏見は良くないが、この小説にしかなしえない小説の映画化は困難だろう。
後半は終始一見哲学的な自己分裂の連続描写は評価が難しいと感じた。

ただ、あとがきにある、
秋葉原連続殺傷事件の犯人である加藤智大の言葉、

「自分の家に帰ると、自分とそっくりな人がいて自分として生活している。家族もそれに気づかない。そこに私が帰宅して、家族からは私がニセモノとして扱われてしまうような状態です。」

この小説が、加藤が起こしたあの惨劇よりも前に書かれた小説であるという事実だけで、評価に値し、そして、この小説がフィクションを超えた現実になったとも言えるのだ。

レビュー投稿日
2013年5月26日
読了日
2013年5月26日
本棚登録日
2013年3月31日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『俺俺 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『俺俺 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする