宴のあと (新潮文庫)

3.52
  • (91)
  • (152)
  • (326)
  • (17)
  • (4)
本棚登録 : 1580
レビュー : 146
著者 :
タテヨコさん 普通の小説(和)   読み終わった 

太田光さんのラジオを聴いていたら、太宰ファンの彼が三島由紀夫を薦めていた。そんなとき他方面から三島作品を薦められたのは、今は三島を読めという天の啓示か。リズム感が良くて物語が生き生きと進んでいく。大学時代に読んだ「孔雀」という短編集がやけにオスカー・ワイルドに似ていて、改めて彼の来歴を読めば一時期ワイルドに傾倒していたとのことだが、とにかく全く印象が違う。主人公かづの情熱は、さながら山崎豊子の作品に出てくる女性のようだが、この日本の政治を皮肉たっぷりに描き出した作品、金と選挙活動、理想と現実。まさに野党が勝ってしまった後に読むと感慨深いが、しかしながら民主党はこの山崎のようには負けなれていない人たちだからこそ勝ったのかもしれない。そうなると、ますます野党も与党も似たり寄ったり的な三島の指摘が新鮮なのかも。

レビュー投稿日
2009年11月14日
読了日
2009年11月14日
本棚登録日
2009年11月14日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『宴のあと (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『宴のあと (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする