龍馬の手紙 (講談社学術文庫)

3.83
  • (10)
  • (10)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 148
レビュー : 16
著者 :
乾 辰巳さん 歴史もの   読み終わった 

龍馬の書いた手紙139通が写真、原文に解説を加えて収められています。写真は全てについているのではありませんが、それでも龍馬の息遣いが聞こえてくるようです。
現代語訳がないので候文で書かれたものは難しく、理解できたとは言い難いですが、大政奉還から暗殺に至る時期の手紙の緊迫感は伝わってきますね。
家族宛、特に乙女姉さんに宛てたものは読みやすく、砕けて飾らない文章が面白いです。同じ兄弟でも権平兄さん宛は改まった言葉遣いになっていたりと、小説で読む龍馬とは違った面が見られて、いい本です。
和歌も収録されていますが、彼の繊細な一面も伺えますよ。

レビュー投稿日
2015年2月12日
読了日
2015年2月12日
本棚登録日
2015年2月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『龍馬の手紙 (講談社学術文庫)』のレビューをもっとみる

『龍馬の手紙 (講談社学術文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『龍馬の手紙 (講談社学術文庫)』に乾 辰巳さんがつけたタグ

ツイートする