図説 日本妖怪大全 (講談社+α文庫)

3.89
  • (67)
  • (30)
  • (80)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 454
レビュー : 41
著者 :
湊川晴斗さん 歴史もの   読み終わった 

日本各地に残る425の妖怪の絵と解説による事典。
精緻なタッチで描かれた妖怪は不気味でありながら、どこかほのぼのとした懐かしさを感じさせます。怖いだけの絵ではないです。文章力もすごいですね。まとまっていて分かりやすいです。
妖怪がいるかどうかより、かつての日本には何か出てもおかしくないような闇があり、人はその気配を感じとることができたのですね。畏怖の対象でもあった。
今は夜が明るくなって妖怪が現れにくくなったというより、たとえ闇があっても気づくだけの感性をなくしてしまっているように思われるのが残念ですね。
友達感覚で扱われる妖怪とか大っぴらに写り込むようになった怪奇現象を見ると、そんな気がします。

レビュー投稿日
2016年3月13日
読了日
2016年3月13日
本棚登録日
2016年3月13日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『図説 日本妖怪大全 (講談社+α文庫)』のレビューをもっとみる

『図説 日本妖怪大全 (講談社+α文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『図説 日本妖怪大全 (講談社+α文庫)』に湊川晴斗さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする