御書物同心日記 (講談社文庫)

3.54
  • (10)
  • (20)
  • (34)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 129
レビュー : 22
著者 :
乾 辰巳さん 時代小説   読み終わった 

代々の将軍の蔵書が保管されている紅葉山文庫。その膨大な書物の管理をしている書物方同心が主人公です。
本好きには楽しい職場でしょうが、そこはお役所。本につく虫一匹の持ち出しも許されないなど、堅苦しい所のようです。
捕物とは無縁、ひたすら本に関係のある話。事件といえば弁当に当たって当直の同心が一斉に腹を下すぐらい。のんびりしてますよ。でもそこがいいのです。中には、ここで終わる? って話もありますが、殺伐とした話よりよほど面白いですね。

レビュー投稿日
2016年8月25日
読了日
2016年8月25日
本棚登録日
2016年8月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『御書物同心日記 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『御書物同心日記 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『御書物同心日記 (講談社文庫)』に乾 辰巳さんがつけたタグ

ツイートする