黒い手帖 (中公文庫)

3.54
  • (2)
  • (4)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 5
著者 :
湊川晴斗さん 松本清張   読み終わった 

自作の創作ノートを公開し、舞台裏を明かした随筆……確かにそうなのですが、そういう内容で書かれたものを寄せ集めた本です。例えば「推理小説の発想」の章は『推理小説作法』という本に入っていたものです。ですから面白そうだと入手しても、既読の文章だったりする訳です。
『日本の黒い霧』の舞台裏も本編の方がよほど濃いですし、現実の事件を推理したものも短いせいか、どこか切れがないように思いました。
それにしても現実に人が死んだ事件を指して、「面白い」と書いてしまうのには時代を感じますね。

レビュー投稿日
2016年7月21日
読了日
2016年7月21日
本棚登録日
2016年7月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『黒い手帖 (中公文庫)』のレビューをもっとみる

『黒い手帖 (中公文庫)』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。

『黒い手帖 (中公文庫)』に湊川晴斗さんがつけたタグ

ツイートする