陰陽師 生成り姫 (文春文庫)

3.68
  • (166)
  • (181)
  • (384)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 1627
レビュー : 118
著者 :
乾 辰巳さん 時代小説   読み終わった 

短編が面白いので長編はどうなんだろうと思っていましたが、想像以上によかったです。文章もやっぱり上手くて、平安朝に連れていかれます。
実は自分は晴明があまり好きではないのですが、この巻は博雅の悲しい恋の話。彼の思いが切なくて、じーんとしてしまいました。
物語の始めが、何をいまさらな感じだったのも残念。新聞連載だったそうなので仕方ないっちゃ仕方ないことなんですけど。

レビュー投稿日
2016年8月22日
読了日
2016年8月22日
本棚登録日
2016年8月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『陰陽師 生成り姫 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『陰陽師 生成り姫 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『陰陽師 生成り姫 (文春文庫)』に乾 辰巳さんがつけたタグ

ツイートする