半七捕物帳〈3〉 (光文社時代小説文庫)

3.80
  • (16)
  • (20)
  • (29)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 160
レビュー : 15
著者 :
湊川晴斗さん 時代小説   読み終わった 

捕物帳、ミステリーですが、派手さはありません。それよりじっくり読ませるタイプの本です。地の分が多く、江戸の雰囲気、この巻では幕末の世相も感じられます。ほんとにいい文章を書かれてますよ。
結末がややあっさりしている気はしますが、納得がいかないことはないです。
「旅絵師」の話が一番好きですね。半七は出てこないのですが。

レビュー投稿日
2014年7月27日
読了日
2014年7月27日
本棚登録日
2014年7月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『半七捕物帳〈3〉 (光文社時代小説文庫)』のレビューをもっとみる

『半七捕物帳〈3〉 (光文社時代小説文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『半七捕物帳〈3〉 (光文社時代小説文庫)』に湊川晴斗さんがつけたタグ

ツイートする