この世で一番大切な日 (Sanctuary books)

4.11
  • (38)
  • (26)
  • (14)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 244
レビュー : 41
著者 :
たっちさん 2015年   読み終わった 

約一年前、母親の誕生日の直後くらいに本屋で見かけて買った本。この本も同時期に上野の美術館で買ったモネのグッズも結局渡しそびれて一年たってしまった。その間に母の日もあったんだけどなー

母の誕生日の今日、一緒にテレビの「なんでも鑑定団」を見ててモネのことを思い出し、モネのグッズとこの本をあげた。「またちょっとずつ読ませてもらうかな」と言って放置していたので、読んでみた。

誕生日に関するエピソードが31話収められている。悲しい話もあるけどどれもいい話で、これが実話というのが
また大きい。

帯の「涙があふれて止まらない、本当にあった31の出来事。」「読んだ人の80%が泣いた プレゼントしたい本第1位」「じーんときました。人と人とのつながり、暖かさを感じました。このような話を読むと、世の中捨てたもんじゃないと思います。(女性38歳女性)」に納得。読んで良かった。

最近母親に本を貸そうかと言っても「老眼で字が読みにくい」とそんなに乗り気にならないことが多かったけど、今回は「読ませてもらうかな」と前向きになっていた。ちょっとは嬉しかったのかな。

レビュー投稿日
2015年1月7日
読了日
2015年1月7日
本棚登録日
2015年1月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『この世で一番大切な日 (Sanctuar...』のレビューをもっとみる

『この世で一番大切な日 (Sanctuary books)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『この世で一番大切な日 (Sanctuary books)』にたっちさんがつけたタグ

ツイートする