固有名詞付きで平成を書き上げているのが何よりの特徴と言える。貧困等のテーマと共に時代が自分の記憶として紡がれる感覚は新しいものだった。

2019年9月18日

読書状況 読み終わった [2019年9月18日]

事例が豊富であり多数の会社の統計もある。
サブスクリプションにより何を考えるのかが変わるのか、対象、プロダクト、ファイナンス、マーケティング、営業と、多数の軸で事例を通して論じている。

2019年9月12日

読書状況 読み終わった [2019年9月12日]

お金の使い方とその結果得られる幸福度に関しての、エピソードや実験結果。当たり前のような結果もあるがそれを実践するのは難しい。今までの価値観と違う部分が多く、そこが本書の価値のように思う。

2019年8月22日

読書状況 読み終わった [2019年8月22日]

文書の書き方の指南本。例文の修正が分かりやすい。若干説明に助長さも感じることもあるが読みやすい。

2019年8月16日

読書状況 読み終わった [2019年8月16日]

文化大革命からはじまり国,個人,科学の関係の中である発見に身を投じる一連の流れがとても見事で、SF的要素と共にスケールの大きさが楽しめる。
個人的な感情がそれぞれを動かし、歴史のようにつながっていくのが良い。

2019年8月15日

読書状況 読み終わった [2019年8月15日]

Makuakeの実態を知るのに良い本。

2019年8月15日

読書状況 読み終わった [2019年8月15日]

本の読み方について考察・指南する本。やや面倒な記述が多いが有用な内容。

2019年8月1日

読書状況 読み終わった [2019年8月1日]

保険金が出ないことに対する裁判内容がいくつか紹介されている。
リーガルドラマみたいな感じもあり、当事者ではない限りは楽しい。当事者になったときの心構えになるかも。

2019年8月1日

読書状況 読み終わった [2019年8月1日]

架空の都市にまつわる物語集。衝動的なものが昇華されたような内容が面白い。

またルーマニアにて1975年に出版された際には、いくつかの短編が検閲により削除されたとのこと。

2019年7月19日

読書状況 読み終わった [2019年7月19日]

参考になるとかそういうことではなく、各々の話と状況が面白い

2019年7月8日

読書状況 読み終わった [2019年7月8日]

様々な本にもある内容が凝縮された感じ。内容的にも分かりやすく、特には過不足無く説明されている。
初心者向けというよりも、これで十分な内容。

2019年6月27日

読書状況 読み終わった [2019年6月27日]

ゲーム製作者に対するインタビュー3本。適切な注釈もあるため読みやすい。何を考えて作ったのかについて丁寧にインタビューされている。

2019年6月20日

読書状況 読み終わった [2019年6月20日]

読書状況 読み終わった [2019年6月14日]

漫画で概要を示しつつ内容も示している。
漫画内容がきちんと的確なのが良い。

2019年6月14日

読書状況 読み終わった [2019年6月14日]

警戒度を上げることはできる、これを有用に活用できるかはちょっと難しいかもしれない。

2019年6月14日

読書状況 読み終わった [2019年6月14日]

(拾い読みのみ)
前半は保険業界の簡単な概要。
後半は就活を意識したもので1日のスケジュールや就活の話。
気軽に読めるのは利点のため、場合によってはこれだけで十分問題ない。

2019年6月14日

読書状況 読み終わった [2019年6月14日]

(拾い読みのみ)FPの範囲とFPという資格について

2019年6月14日

読書状況 読み終わった [2019年6月14日]

近年の不動産投資の手口を解説した内容。分かりやすく書かれており、報道から理解できていなかった部分も理解できた。

2019年5月31日

読書状況 読み終わった [2019年5月31日]

昭和初期の人物や事件をなぞりつつ粘菌コンピュータが完成したことで大事件に巻き込まれていきます。飄々とした描写と登場人物たちが動き回る様子は読んでいて気持ちの良いものでした。

そして粘菌です。粘菌好きなので粘菌がどうコンピュータになるのかなどの描写が最高です。粘菌コンピュータを通して人を人としているのは何かを考察していくのも良いですね。

2019年5月23日

読書状況 読み終わった [2019年5月23日]

世界の状態について各種データと認識のずれを示し、どうしてずれが生じてしまうのかについても論じた本。色々なことを思い込んでいる事かデータで示されるのはかなり楽しい。

単なるデータ集と考察ではなく、なぜそう思っていたのかに焦点があるのが良い。

2019年5月2日

読書状況 読み終わった [2019年5月2日]

物語、言葉からの連想、感覚の異なる視点を持つ人物の話、など。視点のずれを意識して書かれた作品には個人的なつらさを感じる事もある。

2019年4月26日

読書状況 読み終わった [2019年4月26日]

暗号技術に関する数学面の説明が数式込みで記載されている。索引を含め718ページ。

読書状況 いま読んでる

中央省庁のプレゼン資料のようなタイプの企画書のため、自分の場合はあまり実用的では無かった。企画書の例に入る前の概要部分は何を書くかについては整理されている。

2019年4月5日

読書状況 読み終わった [2019年4月5日]
ツイートする