鏡の国のアリス (偕成社文庫 2065)

3.66
  • (59)
  • (32)
  • (109)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 384
レビュー : 49
制作 : Lewis Carroll  芹生 一 
tavjzr3さん  未設定  読み終わった 

鏡の国の住人はどうしてあんなにうざいんだろう?
アリス又は作者がちょっと精神的に病んでるようなイメージを持ってしまう。
アリスのお姉さん以外物語には出て来ないし、両親の愛が足りなくて空想に逃げるようになってしまった少女、っていう感じを受けた。
解説を読むと、やっぱりちょっと作者はおかしかったんじゃないかと思う。
小さい女の子とばかり遊んで、その女の子が大人になるのを嘆いて、そこに恋心はなかったにしてもロリコンみたい。
作者は死ぬまで大学の中で暮らして、大学の外には出なかった。
きっと死ぬまで大人になれない人だったんだと思う。

レビュー投稿日
2010年10月18日
読了日
2010年10月18日
本棚登録日
2010年10月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『鏡の国のアリス (偕成社文庫 2065)』のレビューをもっとみる

『鏡の国のアリス (偕成社文庫 2065)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする