血液の闇

3.67
  • (1)
  • (6)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 6
tbdさん  未設定  読み終わった 

西洋医学がいかに「間違っているか」
血液ビジネスの闇を暴く

人類の血液型は一人一人違う
自分を作るタンパク質と他人のタンパク質は違う
輸血すると拒絶反応が起きる
輸血パックの血は拒絶反応を起こさないために放射線をあてて血液を破壊してある
輸血すればするほど有害(アナフィラキシーショック、増ガン作用)
人の善意につけ込んで血液をタダで集める献血所
元手はかからず多大な利益を生み出す血液ビジネス
輸血で殺された人間は病気や怪我のせいにされるので、真相は闇に葬られる
海水を体液と同じ濃度に希釈した生理食塩水を補給してやれば、血液は体細胞から作られるので輸血は必要ない(しかしそれだと病院は儲からないので事実は闇に葬られる)

レビュー投稿日
2019年9月19日
読了日
2019年5月6日
本棚登録日
2019年5月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『血液の闇』のレビューをもっとみる

『血液の闇』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする