黙示録 (単行本)

3.88
  • (19)
  • (35)
  • (16)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 221
レビュー : 34
著者 :
ちゃいこvさん 小説   読み終わった 

ガラスの仮面だよ~ってことで
読み始めました
江戸に行くんだよね~って、感じ

ところが、半分読み終えたところで
江戸から帰ってきちゃったよ
これからどういう展開?

後半は、精神世界ってところかな
自分、死ぬほどの困難に出会ったら
どう考えて乗り切ろうって思ってたんですが
穏やかな死を迎えるため...と
考えて行こうかと

了泉は、毒のあるキャラです
不快感を感じてしまうことも多々
何で、こんな展開?っていうのは
後で必要な事だと納得が行くんですが
でもねぇε-(‐ω‐;)

久高島や、御嶽、グスクなど
知識として持っていたおかげで
物語の展開に入り込めてよかったです
(斎場御嶽は、行ったことあるし)
一般読者が、いきなり読んだら
難しいんじゃないかな?

レビュー投稿日
2013年11月21日
読了日
2013年11月21日
本棚登録日
2013年11月6日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『黙示録 (単行本)』のレビューをもっとみる

『黙示録 (単行本)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする