イルミナシオン (mellow mellow COMICS)

3.86
  • (221)
  • (254)
  • (275)
  • (17)
  • (6)
本棚登録 : 2104
レビュー : 110
蛍花さん BL漫画   読み終わった 

BLって、ホモという生物的に生産性のない関係をいかに生産性のあるように表現するかだと思うのですが、ヤマシタトモコ作品って生産性のないもんはないんだからあるようにはなんないですって感じのイメージ。
異性間でも当たり前ですが、自分が好きだから相手も好きになってくれるとは限らないし、想いあってもどうなるかわかんない。そういう現実的な部分を綺麗に描かないところがとても好きです。
そして揺るぎないどうしようもなさ!ひとの感情ってほんとに暴力的だな。


『イルミナシオン』
 うわーって感じでした。途方もないことを描いていると思います。そして終着点がなさすぎて、好き嫌いが分かれそうな話。
 “誰にも嫌われない”と“誰にも好かれない”って“誰も嫌いじゃない”と“誰も好きじゃない”に似てる。確かに孤独な人とか孤立してる人ほど誰かを求めてるのかもしれない。求めすぎてそうなのかもしれない。

『ラブとかいうらしい』
 画面的に動きはないけれど、やっぱりこの方の描かれる会話のやりとりが好きです。
 性指向に絶望しても生きてかなきゃいけないって、当たり前のことなんですけど、ふつうに描かれてるし、その恋が一生に一度の恋じゃないって、現実世界で当たり前のことも当たり前に描いてる感じが哀しいけど人間くさい。

『ばらといばらとばらばらのばらん』
 わたしはこの話に★5を付けていると断言していいくらい好き。初めて読んだとき、心が震えました。
 ヤマシタトモコ作品の女の子って豪傑っぽい。女という生き物特有のネチネチした部分がなくて、強くて逞しい。

『あの人のこと』
 構成が秀逸。人が死んでるけれど、人間の温かさを感じるお話だと思います。
 好意という感情は時たま暴力的だと思うのですが、しっかりやさしさも含まれているから愛しいものなんだな、と。
 BLというには些か違和感を覚えるお話。BLが好きっていう人以外にも読んでほしい。

『神の名は夜』
 すべてにおいて神がかっている。こういう暴力的な愛が好きです。…病んでないです。
 男同士だし、殴り合いの延長にセックスがあっても「ふうん」って思う。
 しかしこの二人は依存っぽさを感じる。病んでるけど、描き下ろしの結末的にはポジティブ。

レビュー投稿日
2011年5月8日
読了日
-
本棚登録日
2011年5月5日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『イルミナシオン (mellow mell...』のレビューをもっとみる

『イルミナシオン (mellow mellow COMICS)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする