ロケット・ササキ:ジョブズが憧れた伝説のエンジニア・佐々木正

4.16
  • (42)
  • (50)
  • (16)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 397
レビュー : 43
著者 :
ねこJさん 仕事術・ライフスタイル   読み終わった 

2019/04/10 図書館で借りる

技術を生業とするものであれば,この佐々木正氏の生き様には誰もが共感できるであろう.
読んで,モチベーションが上がる一冊.
こういう本に出会えたときの喜びは大きい.

●P202
・1の次はゼロというのはおかしい.
・数学的に考えれば,ゼロと1の間には,1/2も1/4もある.
・数学の場合,複雑になりすぎた式は,一度分解して機能別に整理し直した方がスッキリする.
→機能分割.
→必死にワンチップに詰め込んできたものを,もう一度バラバラにする
LSIからMPUにシフトして大成功したのが,インテル.
LSIは,それ自体が一つのコンピュータであり,一つのチップがそれぞれに,CPU,ROM,RAMを持つ.
一つのチップに収まっているこの3つの機能をバラバラに分割し「小さな命令を組み合わせて,大きなプログラムを実行させる」というのが,インテル4004の設計思想.
こうすることで,CPUの構造は単純にしたまま,他のデバイスとの組み合わせにより,複雑な機能をもたせることができる.

●P207
人と人をつなげることが,新しい価値を生む.それが,佐々木の信念.

●孫正義氏の書評
https://honz.jp/articles/-/45156

レビュー投稿日
2019年4月14日
読了日
2019年4月10日
本棚登録日
2019年4月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ロケット・ササキ:ジョブズが憧れた伝説の...』のレビューをもっとみる

『ロケット・ササキ:ジョブズが憧れた伝説のエンジニア・佐々木正』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ロケット・ササキ:ジョブズが憧れた伝説のエンジニア・佐々木正』にねこJさんがつけたタグ

ツイートする