蝶々の纏足・風葬の教室 (新潮文庫)

3.64
  • (427)
  • (424)
  • (994)
  • (44)
  • (8)
本棚登録 : 3761
レビュー : 420
著者 :
tefu1985さん  未設定  読み終わった 

最初に読んだのは中学の頃。当時衝撃を受けた。高校に入り内容を忘れた頃に気軽に友人に貸し、読み終えた友人がなんとも微妙な表情をしていた。

表題の話はどちらもとても良くできていて甲乙つけがたい。無駄な文章が一つもない。
蝶々の纏足は両方の人物に共感できる部分がある。カタルシスがあるのでエンタメ小説としても楽しめる。読むたびにこれはこれの比喩になってるんだと新たに気付かされる。
風葬の教室は小学校の狭い人間関係の中でいじめが発生する過程を丁寧に書いている。吉沢先生は最初読んだ時めちゃくちゃ腹がたった記憶があるが、今あらためて読むと逆に好感を持った。
心に刺さるのは 風葬の教室>蝶々の纏足

レビュー投稿日
2019年1月17日
読了日
2019年1月17日
本棚登録日
2019年1月17日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『蝶々の纏足・風葬の教室 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『蝶々の纏足・風葬の教室 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする