家守綺譚 (新潮文庫)

4.15
  • (1269)
  • (764)
  • (722)
  • (47)
  • (13)
本棚登録 : 6337
レビュー : 934
著者 :
tekedenさん  未設定  読み終わった 

幻想的で、どこか夢見心地な気分に浸らせてくれる一冊。文章が美しく、読む人を現実とは離れたところに連れて行ってくれる。主人公と高堂の気心が知れた者同士のやりとりも面白く、ところどころに出てくる空想の生き物の描写も美しかった。どこかに本当にこういう場所があれば良いなと感じた。四季折々の植物をテーマにした短編というのも、自然から離れている現代人に、自然の大切さを思い起こさせてくれる。ページが少なくなっていくのが惜しく、読後は夢から覚めたような心地がした。

レビュー投稿日
2014年4月8日
読了日
2014年4月8日
本棚登録日
2014年4月1日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『家守綺譚 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『家守綺譚 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする