わたしたちが孤児だったころ (ハヤカワepi文庫)

3.72
  • (82)
  • (151)
  • (147)
  • (14)
  • (7)
本棚登録 : 1167
レビュー : 147
制作 : Kazuo Ishiguro  入江 真佐子 
 project万巻さん  未設定  未設定

ハードボイルド探偵が、上海で失踪した自分の両親を探す。
全く普通の探偵物語と思いきや…あれれ?という展開に。
そう、孤児であることで得られた想像力が、私たちを冒険に誘うのだ。
もちろん、カズオ・イシグロさんならではの残酷な展開ではありますが、
私は息子がいるので、真相をめぐるお母さんの気持ちに、涙。

ああー古川日出男さんのあとがきが全て。
「あなたは孤児になるために、この本を読むんだよ」

…なんと奥深い!

レビュー投稿日
2018年7月13日
本棚登録日
2017年11月16日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『わたしたちが孤児だったころ (ハヤカワe...』のレビューをもっとみる

『わたしたちが孤児だったころ (ハヤカワepi文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『わたしたちが孤児だったころ (ハヤカワepi文庫)』に project万巻さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする