翻訳できない世界のことば

4.05
  • (173)
  • (178)
  • (112)
  • (13)
  • (3)
本棚登録 : 2398
レビュー : 248
制作 : 前田 まゆみ 
 project万巻さん  未設定  未設定

この本は「その感覚はわかる!」だけど、英語に翻訳するのはちょっと難しい
という世界の言葉を集めて、ナイスなイラストと一緒に紹介している本です。
装丁も選ばれている言葉もイラストもいい感じなのでプレゼント用の書籍としてもいいかもです。
この本の中で私が面白いなぁと感じたいくつかの「世界の言葉」を以下に引用します。

SAMAR サマル アラビア語
日が暮れた後、遅くまで夜更かしして、友達と過ごすこと
GEZELLIG ヘゼリヒ オランダ語
単に居心地良いだけでなく、ポジティブであたたかい感情。物理的に快いという以上の『心』が快い感覚。愛するひとと共に時を過ごすような。
MERAKI メラキ ギリシャ語
料理など、何かに自分の魂と愛情をめいっぱい注いでいる。
KILIG キリグ タガログ語
おなかの中に蝶が舞っている気分。たいていロマンチックなことや、素敵なことが起きた時に感じる
JUGAAD ジュガール ヒンディー語
最低限の道具や材料で、とにかくどうにかして、問題を解決すること
HIRAEYTH ヒラエス ウェールズ語
帰ることができない場所への郷愁と哀切の気持ち。過去に失った場所や、永遠に存在しない場所に対しても
KOMOREBI コモレビ 日本語
木々の葉のすきまから射す光。
UBUNTU ウブントゥ ズールー語
本来は「あなたの中にわたしの価値を見出し、わたしの中にあなたはあなたの価値を見出す」という意味で、「人のやさしさ」を表す
WABISABI ワビサビ 日本語
生と死の自然のサイクルを受け入れ、不完全さの中にある美を見いだすこと
AKIHI アキヒ ハワイ語
誰かに道を教えてもらい、歩き始めた途端、教わったばかりの方向を忘れた時、「アキヒ」になった、と言う。
IKTSUAPPOK イクトゥアルポク イヌイット語
誰か来ているのではないかと期待して、何度も何度も外に出て見てみること
WALDEINSSAMKEIT ヴァルトアインザームカイト ドイツ語
森の中で一人、自然と交流するときのゆったりした孤独感。
KALPA カルパ サンスクリット語
宇宙的なスケールで、時が過ぎていくこと。

ジュガールとウブントゥが特に気に入りました。
2017/10/22 11:16

レビュー投稿日
2017年11月16日
本棚登録日
2017年11月16日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『翻訳できない世界のことば』のレビューをもっとみる

『翻訳できない世界のことば』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『翻訳できない世界のことば』に project万巻さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする