陰獣 江戸川乱歩ベストセレクション (4) (角川ホラー文庫)

3.91
  • (45)
  • (64)
  • (53)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 543
レビュー : 40
著者 :
制作 : 田島 昭宇 
ぎにょるさん 再読   読み終わった 

「蟲」が読みたくて再読。

陰獣がいちばんすきなんだけど、
乱歩の中でもかなり良作でビギナーにもおすすめな「陰獣」といちばんの変態作である「蟲」を一緒に収録するか!?角川よ!と思ったのだが(盲獣、闇に蠢くあたりも相当に変態だが)。まあお得ではあるかな。

「悪魔の恋であった。地獄の恋であった。それゆえに、この世のそれの幾層倍、強烈で、甘美で物狂おしき恋であった。かれはもはや芙蓉のなきがらと別れるにしのびなかった。彼女なしに生きていくことは考えられなかった。この土蔵の厚い壁の中の別世界で、彼女のむくろとふたりぼっちで、いつまでも不可思議な恋にひたっていたかった。」(「蟲」より)

…なんか切なくなる。

レビュー投稿日
2019年8月9日
読了日
2019年8月9日
本棚登録日
2019年8月9日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『陰獣 江戸川乱歩ベストセレクション (4...』のレビューをもっとみる

『陰獣 江戸川乱歩ベストセレクション (4) (角川ホラー文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『陰獣 江戸川乱歩ベストセレクション (4) (角川ホラー文庫)』にぎにょるさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする