ブラックペアン1988(下) (講談社文庫)

3.93
  • (221)
  • (474)
  • (245)
  • (18)
  • (3)
本棚登録 : 2774
レビュー : 223
著者 :
読魔虫さん 作家名   読み終わった 

H30.5.15 読了。

・謎の腹部レントゲンに写るペアンと佐伯教授の関係はいかに?想像していたのと違う展開に驚き。手に汗するような内容で面白かった。『チームバチスタ』も今更ながら読んでみたい。

・「先を走る限り、俺も外科の世界を担う先輩の一人。それならたとえどれほどぶざまでも、俺の姿をコイツらに見せ続ける義務が、俺にはあるというわけか。」
・「俺が手術で大失敗したって、誰も気にも留めない。俺が外科医を辞めようが辞めまいが、大したことではない。天下の一大事だと思っていたのは自分だけ。」
・「弱い人間に対していい加減になれるのは、強くて優しい人にしかできない気がします。」

レビュー投稿日
2018年5月15日
読了日
2018年5月15日
本棚登録日
2018年5月8日
12
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ブラックペアン1988(下) (講談社文...』のレビューをもっとみる

『ブラックペアン1988(下) (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする