ZOO 1 (集英社文庫)

3.64
  • (1090)
  • (1283)
  • (2354)
  • (177)
  • (50)
本棚登録 : 10926
レビュー : 1173
著者 :
読魔虫さん 作家名   読み終わった 

H31.4.14 読了。

 SEVEN ROOMSは、死を待つ者の恐怖感でハラハラドキドキが止まらなかった。
 陽だまりの詩はアンドロイドを通して、他人に対しての愛などの感情や感覚について考えさせられた。
 「天才は深夜ラジオでつくられる」で伊集院光氏の深夜ラジオで生きる希望やダメな自分でも肯定してくれる人がいて勇気づけられたことが対談形式で掲載されており、とても得した気持ちになれた。また、当時の伊集院光氏の深夜ラジオを聞いてみたいと思った。

レビュー投稿日
2019年4月14日
読了日
2019年4月14日
本棚登録日
2019年2月27日
14
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ZOO 1 (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『ZOO 1 (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする